歯科と歯列矯正とクリーニング

バナー

歯科と歯列矯正とクリーニング

歯科医院で歯列矯正をするならば、口腔内の衛生状態にも気を配ることです。敵的な歯科医院での、歯のクリーニングをしましょう。
歯列矯正中は装置を付けるので、歯にはいつもより汚れがつきやすくなります。

汚れの多い状態は歯周病にもなりやすくなります。
せっかくの歯列矯正ですから、口腔内も清潔を維持することを心がけましょう。

歯周病予防のためにも、歯科医院で3ヶ月に1会くらいは、歯のクリーニングをするといいです。

矯正治療中というのは、天然の歯にゆさぶりをかけながら、少しずつ動かして行くことになります。



もしも歯周ポケットがあるのでおあれば、膿が出てきたり、歯茎が腫れたりすることも考えられます。



ですから定期的な歯科医院での、歯周ポケットのクリーニングを行っておくのは大切です。
大人の動かない歯に対して、無理やり移動を試みることで、歯茎や歯への負担は大きくなります。

子供では柔軟にできることも、大人は歯列矯正をしても、スムーズには動かない歯も出てくることがあります。

あなたにぴったりのAmeba News情報を集めたサイトです。

硬い状態はあまり無理には動かさないで、その時は被せものでの対応をすることもあります。歯列矯正をしても後戻りしやすいのハイネ目ないため、利用する保定装置は、できるだけ長めに使うようにするといいです。
子供は成長過程で柔軟に対応できても、大人の矯正は治療を行ったあとで、元へ戻ろうとするパワーが強く働きがちです。

後戻りをしないためにも、保定装置を3年から5年くらい装着をしておきます。

Copyright (C) 2016 歯科と歯列矯正とクリーニング All Rights Reserved.